聞こえのブログのロゴ

[ご紹介]my roger story vol.9 <ロジャー タッチスクリーン マイク>~在宅勤務での活用、聞きとり努力の軽減

補聴器だけでは聞き取りの難しい場所で、より快適な聞こえをワイヤレスでサポートする補聴援助システム「ロジャー」。今回の my roger storyでは、「ロジャー タッチスクリーン マイク」を在宅勤務の場で活用されている方の体験談をご紹介します。

ー ロジャーをお使いになる前に何かお困りのことはありましたか。

読唇と耳からの聞き取りによって1人~3人の対面の会話は8~9割程度理解できていましたが、4人以上の大人数の会議や、セミナーでスピーカーから席が遠いと口が読みにくい&聞き取れず、理解度は2割程にとどまっていました。

オンライン会議の場合はさらに聞き取りが難しく、PCスピーカーからの音声がほとんど聞き取れないため理解度は1 割位でした。

 

ー 聞こえやすさはロジャーを使うことで改善されましたか。

大人数の会議とセミナー時は、5割位理解できるようになりました。
特に、オンライン会議時の聞こえが飛躍的に改善し、7割以上理解できるようになりました
コロナ禍で在宅勤務となり、毎日30分から最長5時間のオンライン会議があるのですが、ロジャーをPCとケーブルで直接繋いで使うことでスピーカーから音声を拾った時より明瞭に音声が補聴器に届き、聞き返すことが少なくなりました。

また、同僚や上司もチャットでの要約や何度も言い直すといったフォローが減り、双方のストレスが減ったと思います。また、発言内容の理解度があがることで、脳の処理作業(今なんて言ったんだろうと推測するために使う脳のエネルギー消費)が減り、終わった後のぐったりとした疲れも減り、相対的に業務効率が上がりました

中でも一番大きい改善点は、同僚や上司に対して「いつも迷惑をかけてしまって申し訳ない」という気持ちのストレスが減り、ずいぶん気持ちが楽になったことです。

 

ー ロジャーの購入を悩んでいる方へのメッセージなどありますか。

もし自分に聞き取る能力が少しでもあり、耳から聞くことに努力できるのであれば、ロジャーは高価ですが、補聴器と同様に自分の身体の一部になるくらい後悔しない商品だと思います。

(以上一部本文より抜粋)

 

杉本 あゆみ様の素敵な my roger stroyの続きはこちらから!

 

カテゴリ別メニュー
聞こえに関する情報をお届けします