聞こえのブログのロゴ

(更新)学会出展情報【第67回日本聴覚医学会総会・学術講演会】

フォナック補聴器は、来る10月6・7日に山形で開催される「第67回日本聴覚医学会総会・学術講演会」において、共催セミナーを開催します。また、機器展示を行います。

共催セミナーのご案内

学会2日目、10月7日にランチョンセミナーを開催します。

今回のテーマは「聴覚情報処理障害(APD)・聞き取り困難症(LiD)に対する補聴器機の可能性」です。

演者としてご登壇いただくのはこちらの3名の方々です。

  • 阪本 浩一 先生 (大阪公立大学)
  • 土橋 奈々 先生 (九州大学病院)
  • 渡邉 歓忠 様 (近畿APD/LiD 当事者会主催)

また、司会として中川尚志 先生(九州大学大学院医学研究院耳鼻咽喉科学分野)をお招きします。

ネットやテレビを通じて広く知られることになった”APD/LiD”ですが、まだ聞こえに悩む多くの方が支援の情報を求めておられます。本セミナーでは、この現状を日々患者様を診察されている医師と困難を抱える当事者、異なる2つの立場からご講演いただきます。

 

企業機器展示のご案内

10月6、7日の両日、医療機器・薬品展示会場にフォナック補聴器が出展いたします。両日、当ブースでは新製品「フォナック オーデオ ライフ」のほか、補聴器およびロジャーをご紹介いたします。試聴もできますので、お気軽にフォナック補聴器ブースへお立ちよりください。

なお、機器展示会場が2箇所に分かれております。フォナック補聴器は第2会場前(山形テルサ 1Fテルサホール ホワイエ)でお待ちしております。

また、すでにご案内差し上げました通り、今回の学会もロジャーによる情報補償を実施いたします。情報補償につきましてはこちらをご覧ください。

第67回日本聴覚医学会総会・学術講演会についての詳しい情報は学会ホームページをご覧ください。

▼ランチョンセミナーご案内チラシ(クリックするとPDFが開きます)

カテゴリ別メニュー
 
聞こえに関する情報をお届けします