聞こえのブログのロゴ

片側の聞こえ ~ 一側性難聴とは

前回ご紹介したきこいろ様の「片耳難聴Cafe」に関連して、片耳が聞こえない・聞こえにくいことで困ることや、困っていらっしゃる方向けのフォナック製品をご紹介します。

左右のうち片側の耳だけが聞こえない・聞こえにくいという「一側性難聴」「一側性聾」は日本では1,000人に1~2人が羅患しているといわれており、その原因はさまざまです。ご自身で一側性難聴の疑いを感じられた場合には、放置をせずにすぐ耳鼻科医師の診察を受けましょう。
突発性難聴などが原因の場合、めまいや吐き気、耳鳴りが伴うことも多く、放置しておくのは大変危険です。また、突発性難聴が治せる期間は非常に限られています。

一側性難聴の方が困ることには次のようなことがあります。

  • 難聴側から話しかけられると聞き取れない、聞き取りにくい
  • 騒がしい場所では聞き取りにくくなる
  • どこから音や声がするのか分かりにくい

このような一側性難聴にはCROS補聴システム「フォナック クロス」がおすすめです!

CROSは、「Contralateral Routing of Signal (信号の対側経路)」の略です。聞こえない方の耳側の音や声をCROS補聴システムを使って聞こえる方の耳につけた補聴器に飛ばし、聞こえない側の音や声を届けます。

片方の耳が聞こえにくいという方は、フォナック クロス Bをお試しください。

 

また、授業中や会議など、騒がしい中で少し距離の離れたところにいる人の話し声を聴きたいという時にはロジャー フォーカスがお勧めです。ロジャーフォーカスなどのワイヤレスシステムは、話者の声を直接耳に送信することで、一側性難聴を抱える人々を支援します。

 

 

フォナック クロスやロジャーフォーカスにご興味をお持ちの方はこちらからお問い合わせください。

 

カテゴリ別メニュー
聞こえに関する情報をお届けします